BOOKs

【メモの魔力】前田祐二の生い立ちは幼少期から壮絶だった|弾き語り少年の成り上がり

前田祐二の生い立ちは幼少期から壮絶だった
ポン吉

「メモの魔力」著者の前田祐二さんの生い立ちってどうなの?

お兄ちゃんがいるけど関係が気になる。

前田祐二さんの人生に影響を与えた人っているの?

 

今回は、このような疑問を解決します。

 

僕は「メモの魔力」を読んで、

前田祐二さんのことが好きになりました。

それから、前田祐二さんの生い立ちから現在の活動まで、

24時間もの時間を使い調べてました。

前田祐二さんのことは何でも聞いてください。

AKIHIRO

本記事の内容

  • 「メモの魔力」前田祐二さんの生い立ち
  • UBS証券時代とDeNA時代、そしてSHOEROOM
  • お兄ちゃんとの関係
  • 前田祐二の人生に影響を与えた4人

 

こんな感じです。

 

結論、前田祐二さんの生い立ちは壮絶でした。

 

8歳で最愛の母を無くし、お兄ちゃんとの2人暮らし。

住む家がなくて、警察署で寝泊まり。

親戚や友達の家を転々とする生活。

 

壮絶な人生ですよね。

前田祐二さんの人生は、幼少期の壮絶な人生からの成り上がり人生。

 

今回の記事を読み終えると、

前田祐二さんの生い立ちから現在の活動がわかります。

 

最後の方には、簡単なステップで入会できる

前田祐二さんのオンラインサロンの「メモ魔塾」

紹介をしているのでぜひ最後までご覧ください。

 

【メモの魔力】前田裕二のプロフィール

前田裕二(メモの魔力)

引用:News picks


まずは簡単に前田祐二さんのプロフィールを紹介します。

 

前田裕二さんは実業家でSHOWROOM株式会社の

代表取締役として活躍しています。

 

「スッキリ」の火曜日コメンテーターや

「新・日本男児と中居」「世界一受けたい授業」「深イイ話」

 「アナザースカイ」など数々の多くの人気テレビ番組に出演。

 

また作家としても活躍しています。

 

  • 「人生の勝算」
  • 「メモの魔力 The Magic of Memos」 
  • 「ギフトのあけ方」

 

の3つを書かれています。

こちらの3つです。

※「ギフトのあけ方」は現在ありませんでした。

 

メモの魔力は2019年最も売れたビジネス書として有名で

現在の発行部数は60万円部突破。
(※2020年7月現在)

 

100万部を目標としている頑張ってほしいですね。

 

前田裕二さんの詳細はこちらになります。

 

生年月日:1987年6月23日

出身地:東京都

職業:実業家

最終学歴:早稲田大学政治経済学部

会社名 :SHOWROOM 株式会社代表取締役社長

著書

「人生の勝算」2017年幻冬舎

「メモの魔力 The Magic of Memos」 2018年幻冬舎

「ギフトのあけ方」2019年

「小学生のうちに身につけたい「書くことが好きになる」」2020年7月予定

 

前田裕二の壮絶な生い立ちを紹介

前田裕二生い立ち


現在前田裕二さんは 明るくてパワフルでストイックでエネルギッシュな人ですが

幼少期から壮絶な人生を歩んできました。

 

そんな壮絶な生い立ちを5つのパートに分けて紹介します。

紹介するパートはこちらになります。

 

前田祐二の壮絶な生い立ち

  • 小学生編
  • 高校生編
  • 大学生編
  • UBS株式会社(日本〜ニューヨーク)編
  • DeNA入社〜SHOWROOM立ち上げ

 

それでは順番に紹介します。

 

小学生編

小学生編

前田裕二さんは小学生の八歳の頃に母親はなくされています。

父親は不明で住む家も無くなって兄と2人で親戚や友達の家を

転々として暮らしていました。

 

時には警察署に住まわせてもらっていたことも。

 

そんな環境の中で育ったからか前田裕二さんは

小学2年生の時まるまる1年間学校に通えていなかったため 

現在でも九九が苦手だそうです。

 

そんな前田裕二さんは幼い頃から音楽などギターが好きでした。

親戚のお兄ちゃんからもらったアコースティックギターを必死に覚えます。

 

十歳の頃に、前田裕二さんは お兄さんと二人で暮らし始めて、

生活を稼ぐために覚えたギターをひいて路上ライブで投げ銭をもらっていました。
(この体験が現在のSHOWROOMに活かされています)

 

高校生編

高校生(バスケ


前田裕二さんは都内の深川高校が出身校。

 

高校時代にはバスケ部に所属し 、

アルバイト2つ掛け持ちする 忙しい高校時代を過ごしていました。

 

部活が終わった後は夜遅くまでファミレスでバイトをして

2〜3時間で寝て、早朝に新聞配達。

 

毎日休むことなく活動し続けた前田裕二さんは超鉄人。

今の高校生とは比べ物にならないくらいハード。

 

ただ現在も多忙を極める前田裕二さんは、2〜3時間しか睡眠時間を

取れてないそうです。

前田さんの生活リズムは高校生の時代に作られていたのかもしれませんね。

 

ちなみに深川高校の卒業生にはソニーの井手信之さんや

ユニクロの柳井正さんがいることで有名。

 

大学編

大学生(バンド


前田裕二さんは早稲田大学政治経済学部を入学し卒業しています。

 

メモの魔力本書の中で早稲田大学を選んだ理由を語っています

 

僕が早稲田大学に行こう、と思ったのは、

高校時代の友人の何気ない一言がきっかけでした。

「裕二って、早稲田って感じがするような。なんだか、

バンカラな感じが、ぴったりだよ」という風に言われたのです。

引用:メモの魔力より

 

前田裕二さんは大学入学後バンドとアルバイトの日々を過ごします。

 

アルバイトは100種類以上経験したそうです。

 

バンドをしている中で人気のあるベテランバンドマンが

報われない姿を目の当たりにします。

 

前田裕二さんは音楽業界がもっと輝けるように

自分に何かできないかと考え、ミュージシャンへの道をやめて、

ビジネスマンとしての道を選びます。

 

また前田さんは留学経験もないのに

英語のディベート大会に出場し優勝した経験があります。

 

どこで英語を学んだかと言うと

アルバイト100種類の中の一つの

英会話教室の資格試験専門の講師をしていたから。

 

休憩の時間に控え室で外国人の先生先生と

会話をして英語のスキルを磨いていたそうです。

 

前田裕二さんのハングリー精神や姿勢、

パワフルな行動力には感銘を受けます。

 

UBS株式会社(日本〜ニューヨーク)編

UBS証券


前田裕二さんは2010年新卒で外資系投資銀行の UBS 証券株式会社に入社。

 USB 証券株式会社とは、スイスに本社を置く

UBS グループの日本法人です。

 

法人個人の顧客向けに様々な金融商品やサービスを提供しています。

 

UBS 入社後には電車が動いていない時間に出勤するために

大手町にあるオフィスまで自転車で通勤。

 

早朝の5時に出社し、

マーケットが開く朝9時まで市況や銘柄の調査分析などといった下調べをして、

営業が開始する9時からはすぐに顧客に電話をかけていたそうです。

 

朝5時出社の ルールは前田さんが自分で決めたもの。

 

理由は「1日も早く目標とするポジションにつき、

大きな裁量や挑戦権を得るため」

 

UBS 証券株式会社時代に前田さんが所属していた

部署でヘッドの宇田川さんという人がいました。

 

前田さんは 宇田川さんの事をこのように語っています。

 

「心から飲みたいと思えるスキルをたくさん持った人」

 

事実、前田裕二さんは宇田川さんの

「喋り方」「口癖」「電話」「身振り」「手振り」「ノートの取り方」「持ち物」

などあらゆることを真似していたと言います

 

そんな 手本となる人が身近にいることもあって、

人一倍努力をし成果を上げた前田さんは、

翌年の2011年にニューヨークの「UBS Securities LLC」へ移動します。

 

転勤先のニューヨークでも 多忙な生活は変わりません

2年弱、昼夜もなく働いた。

早朝の5時に出社し夜中の1時に帰宅する生活が続いていたそうです。

 

その後ニューヨークで北米機関投資家に対して株式セールスアドバイザー業務に従事。

株式市場において数千億から兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザーも行っていました。

 

前田さんがアナザースカイ II に出演された時ニューヨークに訪れて当時の様子を振り返ってましたね。 

 

 

DeNA入社〜SHOWROOM立ち上げ

立ち上げ


外資金融業界で最前線を歩んでいた前田祐二さんはあるキッカケにがあり、

退社します。

 

それは、親戚のおいちゃんの突然の訃報。

 

この出来事があり、前田祐二さんは『自分に何か価値のあるものを、残したい』と思うようになる。

 

USB 証券株式会社を退社後、日本に帰り、

事業構想ノートを持参してDeNAの南野智子さんのもとを訪れます。

 

起業の相談と、あわよくば出資を募ろうと考えていた前田祐二さんですが、

南場智子さんにひと蹴り。

 

「アイデアそのもの自体に価値がない」

 

と説得されます。

 

その後南場智子さんの言葉が決め手となり

DeNAに入社を決めます。

 

「うちで、事業を立ち上げることのなんたるかを勉強して、

その後、自分で起業する方が成功確率上がるし、スマートじゃん。まだ25歳でしょ」

 

「純粋に君の力が必要です。一緒に世界の頂を目指そうぜ」

 

引用:キャリアハック【DeNAファウンダー南場智子が5年かけて口説き落とした男|前田裕二 SHOWROOM】

 

前田さんは、南場智子さんのアドバイスを素直に受け入れ

2013年5月にDeNAに入社。

 

2013年8月には起案して、11月末に

夢を叶えるライブストリーミングサービス「SHOWROOM」を立ち上げます。

 

2015年にSHOWROM株式会社設立

ソニーミュージックエンターテイメントから出資を受け合併会社になりました。 

 

そんなSHOWROOMで生活費を稼いで生活している人も出てきて、

他にもSHOWROOMを通じて日々努力され、夢を実現した人もいる。

 

たとえば、歴代最高額で月に1000万円を売り上げた配信者や

芸能界進出(タレント)の夢を叶えた配信者も!

 

そんなSHOWROOMは動画アプリの収益部門で

国内No.1の人気のサービス。

(2017年9月時点)

 

Netflixやニコニコを抜くなんて

まだ若い動画アプリなのにすごいです。

 

以上が前田祐二さんの現在までの生い立ちになります。

壮絶な生い立ちですよね。

 

次に前田祐二さんの唯一家族お兄ちゃんとの関係を

紹介します。

結論、お兄ちゃんはめちゃくちゃいい人でした。

 

【メモの魔力】前田裕二を支えたお兄ちゃん

お兄ちゃん

前田祐二さんが8歳の頃最愛のお母さんを無くしてから、

10歳離れたお兄ちゃんとの2人家族。

前田祐二さんにとって唯一家族です。

 

前田さんが小学生の頃、

綺麗にとった授業のノートを見せたら

お兄ちゃんが喜んでくれたそうです。

 

もっとお兄ちゃんを喜ばせたい。

お兄ちゃんの笑顔をもっと見たい。

 

と思ってノートを必死にとりました。

 

この授業のノートが【メモ魔】の原点。

 

「いい成績をとってお兄ちゃんをもっと喜ばせたい」を

思いに前田さんの成績はグングン伸びていきます。

 

10歳離れたお兄ちゃんは、

お母さんを亡くした時は、高校生。

医学部進学を夢をみていたそうですが、

前田さんを支えるために就職をしたそうです。

 

お兄ちゃんのモットーは、

「家族がずべてに勝る」

「仕事より遊びより家族」

 

こんなエピソードがあります。

 

ある日、外資系の化粧品大手から高額給与のオファーが来たときも、

彼は全然興味を持ちませんでした。

自宅に届いたオファーレターを見ながら、

「スキルが一定の前提なら、給料が2倍になるってことだろ。

捨てといて。」と一蹴り。

 

引用:人生の勝算 著前田祐二 人生の勝算 (幻冬舎文庫)

 

優しくて、素晴らしくて、何よりも家族を大切に思う

お兄ちゃんに育てられた前田祐二さん。

今でもお兄ちゃんと仲がいい。

 

 

前田裕二の人生に影響を与えた4人の人物

前田裕二の人生に影響を与えた4人

前田祐二さんの人生に影響を会えた人物を紹介します。

 

前田さんに影響を与えた人は4人。

 

人生に影響を与えた4人

  • お兄ちゃん
  • 親戚のお兄さん
  • 宇田川さん
  • 南場智子さん

それでは一人ずつ紹介していきます。

 

前田祐二のお兄さん

 


前にも書きましたが、

お兄ちゃんは前田さんの人生にすごい影響を与えています。

 

家族思いだったお兄さんに

前田さんは支えられて生きてきました。

 

前田さんはお兄ちゃんをこのように語っています。

 

「世界一尊敬し、

世界に無償の愛があることを確信させてくれた」

 

本当に素晴らしいお兄さん 。

 

お兄さんを喜ばせるためがきっかけでメモを取るようになった。

お兄さんがいなければ「メモの魔力」はなかっただろう。

 

親戚のお兄さん

ギターをくれたお兄ちゃん


親戚のお兄さんは

前田さんに アコースティックギターくれます。

 

このギターを一生懸命練習して

小学6年生から弾き語りでお金を稼ぎます。

 

小さいながらに仮説と検証と改善を繰り返し。

 

最初は少額しか稼げなかったが

最後には10万円以上稼げるようになった。

 

このきっかけが今のSHOWROOMの原体験。

 

上のTwitterの画像が当時もらったギターです。

 

親戚のお兄さんがいなければ

今のSHOWROOMはなかったかもしれません。

 

 UBS証券株式会社の宇田川さん


UBS 証券時代の前田さんの部署のヘッドの方です。

 

前田さんは宇田川さんのことをこのように語っています 。

 

『心から盗みたいと思えるスキルをたくさん持った人』

 

前田さんは入社当時の新入社員ながら

宇田川さんを尊敬していました。

 

宇田川さんのようになりたいと宇田川さんを完コピしました。

喋り方や仕草ノートの取り方、文具まですべて真似しました。

 

そして宇田川さんから 教えてもらったことの最大の教えは、

 

『人を好きになること』

 

でした。

 

人生の勝算の中でこのようなエピソードがあります。

 

僕は宇田川さんに何度も言われました。

 

「前田くん仕事で大事なのは人に好かれることだ。」

 

「君はきっと UBS で、すごい成果を出すだろう。

だけど君ひとりでできることなんてたかが知れている」

 

「仲間を増やせば会社全体、

そして世の中地球だって動かせるかもしれないんだよ」

 

引用;人生の勝算 著前田祐二 人生の勝算 (幻冬舎文庫)

 

前田さんと宇田川さんは今でも仲がいいです。

 

DeNA南場智子さん

前田裕二さんに影響を与えた南場智子さん

引用:外資就活


前にも書きましたが DeNA の南場智子さんは

前田祐二さんに起業のきっかけを与えます。

 

実を言うと前田さんが就職活動中に

 DeNA から内定をもらっていましたが断っていました。

 

当時の面接官であった南場智子さんは

5年待ってでも一緒に働きたい

考えていました。

 

それから交流があった前田さんと南場智子さん。

 

会うことはありませんでしたが、

半年に1回ぐらい南場さんから

「元気にしてる?」

というメールが届いていたそうです。

 

南場智子さんのアドバイスや

年末の12月30日に会社のトップが普通に働いているアグレッシブな環境、

同年代がゼロベースで自身の手で事業をどんどん立ち上げてる姿が

刺激となって DeNA に転職。

 

そして2013年にSHOWROMを立ち上げます。

前田裕二(SHOWROOM)

引用:SUOER CEO

 

以上の4人が前田祐二さんの人生に影響を与えた。

 

まとめ:前田祐二は生い立ちも現在も意味は違うけど壮絶

前田裕二 まとめ

引用:BISINESS INSIDER

今回の記事では、前田祐二さんの生い立ちや

前田さんの人生に影響を与えた人を紹介しました。

 

本記事の要約

  • 前田祐二の生い立ち(小学生〜現在)
  • お兄ちゃんは家族思いのすごくいい人
  • 前田祐二の人生に影響を与えた4人

 

こんな感じです。

今回の記事で

前田祐二さんがどのような人生を歩んできたかわかったと思います。

前田さんのことを少しでも好きになれたら幸いです。

 

幼少期から壮絶な生い立ちを経験し、

自分の運命に立ち向かう姿には感銘を受けます。

 

これからも、ものすごいことをするかもしれません。

活躍に期待してます。

 

最後に、前田祐二さんはSHOWROOM以外にも活動しいて、

Facebookでオンラインサロンの「メモ魔塾」をやっています。

 

入会は簡単です。

「メモの魔力」を購入するだけ。

簡単ですよね。

 

メンバーは現在(2020年7月時点)10,956人。

巨大なオンラインサロンです。

 

僕自身「メモの魔力」を買って入会しています。

内容は、メモを通じていろんな人と通じる。

普段見れない前田祐二さんのメモも魅力ですよ!

 

ぜひ、「メモの魔力」を購入した人は入会してくださいね。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!!

follow me

-BOOKs
-

© 2021 AKIHIROs P4U Blog