BOOKs

【メモの魔力】自己分析1000問突破|重要性ややり方も紹介

メモの魔力 自己分析

 

ポン吉
メモの魔力の自己分析1000問って何?

自己分析1000問の内容は?

自己分析をやった感想は?

自己分析ってどうやるの?

 

そんな疑問をこの記事で解決します。

 

実際に【メモの魔力】を購入し、

自己分析1000問をやりきった。

自分を深く知れ、人生の軸を見つけられました。

AKIHIRO

 

記事の内容は前半部分で、自己分析1000問の紹介と重要性を解説します。

後半では、自己分析1000問の内容と方法、無料配布の自己分析シートの紹介。

 

この記事を読み終える頃には、

紹介した自己分析方法で、まだ自分でも発見できていなかった

意外な自分の一面を見つけられるでしょう。

そして本当にあなたが求めている『人生の軸』を見つけられるはずです。

 

【メモの魔力】自己分析1000問とは?

自己分析1000問とは、【メモの魔力】著前田裕二)の最後に掲載されている

「自分の軸」を見つけつための自己分析シートのことです。

 

「人生の軸」=「これは自分にとって不変の価値観」

 

いわゆる「人生が向かうべき方向を指し示すコンパス」

を見つけるために行う自己分析。

 

一般的な自己分析とは違います。

 

あなたの長所は?

あなたの短所は?

あなたの特技は?

 

ではありません。

 

詳しい内容は、あとで書きますが、

幼少期から現在に到るまで

徹底的に1000問あります。

 

まさに自分をより深く理解するということに

フォーカスされた自己分析です。

今の時代だから自己分析が重要

今の時代だからこそ、自己分析が重要なのです。

 

「自分が何を望んでいるのか」

「自分が何をやりたいのか」

 

自分を知るってすごく大事。

 

なぜなら、「個」をフォーカスする時代になったから。

 

著者である前田裕二さんも

このような事を語っています。

 

人生を組織委ねることで生きていけた時代も、

終焉を迎えつつあります。

今後は、組織の中でも個人のスキルや仕事力

今以上に可視化・フィーチャーされていくし、

組織の枠を超えて、プロジェクトベースで働くことも増えるでしょう。

引用:メモの魔力より

 

一昔前では見かけなかったユーチューバーやインフルエンサー、

インスタグラマーは、「個」に特化して活かされた個人

企業などとコラボして色んなものを社会に生み出している。

 

「個」=「自分のことをよく知る」

このことを理解するのが今の時代必要とされているのです。

 

【メモの魔力】自己分析1000問の内容

 

【メモの魔力】自己分析1000問の内容は、

こちらになります。

自己分析1000問の内容

・幼少期

・小学校

・中学校

・高校

・大学

・社会人(20代)

・未来 現在

と8項目の過去と未来、現在の自己分析があります。

 

画像の方がわかりやすいと思うので、

紹介しますね。

 

メモの魔力本書

メモの魔力 自己分析1000問

メモの魔力本書

メモの魔力 自己分析1000問

 

画像のようにびっしりと1000問あります。

すごい量ですよね。

 

自己分析を実際にやってみた感想

 

実際に僕自身【メモの魔力】自己分析1000問やってみました。

こちらが証拠です。

メモの魔力 自己分析

メモの魔力 自己分析実践

メモの魔力 自己分析

メモの魔力 自己分析実践

※字が汚いのは気にしなでください。

 

100均でノートを10冊買って、

定規で線を引いて、自己分析をしました。

 

1問目の「なぜ自己分析をするのか、その目的は?」から

1000問目の「自己分析をして見つけた『人生の軸』は?」まで。

 

自己分析をやってみて、

一番の収穫は、「人生の軸」を見つけられてたこと。

 

ただ、1000問とすごい量だったので、毎日10問ずつやって

3ヶ月ちょっとで終わりました。

さすがに疲れましたね。

 

Twitterでの自己分析の反応は??

 

Twitterでもメモの魔力自己分析1000問に

挑戦している方がいたので紹介します。

 

自己分析で「人生の軸」を見つけて欲しいです。

 

【メモの魔力】自己分析1000問に挑戦してみよう

 

【メモの魔力】自己分析1000問に挑戦してみましょう。

 

自己分析で「人生の軸」を見つけることは、

あなたの人生をステップアップすることだから。

 

ポン吉
自己分析1000問なんて無理だよー

とても答えられる量じゃない。

 

安心してください。

1000問全部に答える必要はありません。

AKIHIRO

 

自己分析1000問はあくまでも「人生の軸」を

見つけるためにやるもの。

 

100問ぐらいで悟ちゃう人もいれば500問で見つかる人もいる。

 

僕の場合は、500問超えたぐらいで

「これは譲れない価値観だ」というものを見つけました。

 

自己分析1000問を挑戦する人のために、

【メモの魔力】編集の箕輪厚介さんがTwitterで「自己分析1000問」を

無料配布しています。

 

今なら無料で自己分析シートがもらえる

 

こちらが箕輪厚介さんのTwitterになります。

 

 

PDFと書かれているところをクリックしたら、

中身が見れますよ。

 

中身はこんな感じです。

メモの魔力 自己分析

自己分析1000問

メモの魔力 自己分析

自己分析1000問

 

PDFの内容は、20ページほどあります。

メモの魔力そのままの自己分析1000問です。

 

いつ消されるかわからないので、

今のうちにもらっておきましょう。

いやいや、実際にメモの魔力を買って【自己分析1000問】をやりたいんだって方は

ぜひ本書を手に取ってください。

 
 

次に、自己分析3ステップの方法を紹介します。

自己分析3スッテプの方法『具体→抽象化→転用』

 

自己分析の方法は、

こちらの3ステップです。

自己分析3ステップ

  • 具体(ファクト)
  • 抽象化
  • 転用

 

この3つだけです。

 

メモの魔力の2つの事例で解説しますね。

 

小学校の時代に楽しかった経験は?

 

ファクト:兄が通信簿を見て喜んでくれたこと。

抽象化:兄を喜ばせること自体が自分の喜びになっている。

転用:もっと兄を喜ばせるアクションをとる。

 

中学時代に一番影響を受けた人は?

 

ファクト:ギターをくれえた親戚のお兄さん

抽象化:どんなときも味方でいてくれて、無償の愛を提供してくれた。

それが物凄い支えになった。

転用:今度は自分が誰かの味方になって、無償の愛を提供しよう。

引用:メモの魔力より

 

このような感じで自己分析していきます。

 

この自己分析の特徴は、

抽象化した後の転用の「具体的に何をするか?」の部分。

 

「具体的に何をするか?」まで書かなければ人生を変えられません。

 

自己分析をする中で、『具体→抽象化→転用』

を繰り返すことが大事。

 

自分のやりたいことが見つからない人、

自分が何を望んでいるのかわからない人であっても

この作業を繰り返すことで「自分がするべきこと」が見えてきます。

 

自己分析は「目的」が大事

 

自己分析には、「目的」が大事。

なぜ、自己分析をするのかってところ。

 

本書の自己分析1問目でも

「なぜ自己分析をするのか、その目的は?」

という質問があります。

 

なんとなく自己分析をしようと考えないでくださいね。

目的の定まっていない行動は非効率です。

 

まずは、なぜ自己分析をするのか?

自己分析の目的を整理しましょう。

就職活動中の学生

【自己分析の目的】

面接官に自分のことをより良く伝えるため

就職したい企業選びの軸を見つけるため

社会人

【自己分析の目的】

自分が求めていることがこの会社できるのか?

家庭内でもっと活かせることはないか?

今の会社で満足しているのか?

人それぞれ自己分析の目的は違うと思います。

目的を明確にして、自己分析に挑戦しよう。

 

まとめ:【メモの魔力】自己分析1000問で「人生の軸」を見つけよう!

 

今回は、【メモの魔力】自己分析1000問の内容や重要性、

自己分析方法の3ステップなどを紹介しました。

 

本記事の内容を要約するとこちらになります。

・【メモの魔力】自己分析1000問の紹介。

・自己分析は今の時代すごく大事。

・【メモの魔力】自己分析無料配布。

・自己分析方法は「具体→抽象化→転用」の3ステップ

・自己分析には目的がないと非効率だから、まずは目的を明確にする。

 

こんな感じですね。

 

【メモの魔力】自己分析1000問は、ものすごい量です。

ただ「人生の軸」を見つけられるのでやってみる価値はあります

 

毎日10問ずつやると3ヶ月ちょっとで終わるので、

ぜひ試しにやって見てくださいね。

この記事が気に入ったらフォローしよう!!

follow me

-BOOKs
-,

© 2021 AKIHIROs P4U Blog