BOOKs

【自己分析】幼少期を思い出せない人に簡単な3つの方法を紹介

自己分析で幼少期を思い出す方法
ポン吉
自己分析をやっているけど、 幼少期の頃が思い出せない。

幼少期の思い出す方法を知りたい。

そもそも幼少期って大事?

今回はそんな悩みをこの記事で解決します。

僕も自己分析をする過程で、 幼少期の項目を埋められず、

悩んでいましたが、 ある3つの方法で、

幼少期の頃を思い出し スムーズに自己分析できました。

AKIHIRO

本記事の内容

  • 幼少期の自己分析の重要性
  • 幼少期を思い出す3つの方法
  • 自己分析の方法は、この2つでOK

結論から言うと、
自己分析で幼少期を思い出す方法は、この3つになります。

幼少期を思い出す方法

・幼少期の自分をよく知る親に聞く
・幼少期に自分が作ったものをみる
・幼少期の自分の写真を眺める

この3つの方法で、かぎりなく幼少期を思い出して、
自己分析がスムーズに行えると思います。

本記事を読み終える頃には、
幼少期の頃を思い出し、2つの自己分析方法で
自分のことをより深く知れるでしょう。

幼少期の自己分析の重要性

幼少期の自己分析

まず、幼少期を思い出す方法の前に
幼少期の自己分析がいかに重要かを知りましょう。

なぜなら、過去の出来事が今の自分の性格や思考などの
人格を形成している
から。

特に小学生時代以降の幼少期時代が、
自身の人格形成を大きく関係していると言われています。

僕自身も、過去の出来事でどんな事で喜び、悲しみ
やりがいを感じてきたかと思い出してみると、
幼少期の出来事がルーツになっていることがわかりました。

それがわかると、とてもスムーズに、
さらに深く自己分析ができます。

ここで、幼少期の自己分析をどう活かすか
就活生と社会人とで紹介しますね。

【幼少期の自己分析を活かす】就活生編

就活生で幼少期の自己分析を活かす方法としては、
やはり採用担当者との面接です。

幼少期の頃まで自己分析をすることで、
面接での武器になります。

自己PRなどで自分自身のエピソードを語るときに、
あなた自身の性格や行動指針を披露することが
できます。

あなた自身の経験は、
あなただけもので最大の武器になります。

【幼少期の自己分析を活かす】社会人編

社会人で幼少期の自己分析を活かす方法は、
行動力アップです。

幼少期を自己分析することで、
自分を深く知ることができます。

幼少期の体験でこういう事で、
自分のモチベーションが上がるところがわかります。

モチベーションが上がるところがわかれば、
自ずと行動力が上がります。

実際僕は、幼少期の自己分析を通して、
会社での振る舞いを変えて、モチベーションを保てています。

 

前置きが長くなりましたが、
『幼少期を思い出す3つの方法』を紹介します。

自己分析の幼少期を思い出す3つの方法

幼少期を思い出す

自己分析の幼少期を思い出す3つの方法は、
冒頭でも書きましたが、こちらになります。

幼少期を思い出す3つの方法

幼少期を思い出す3つの方法

・幼少期の自分をよく知る親に聞く
・幼少期に自分が作ったものをみる
・幼少期の自分の写真を眺める

1つずつ紹介しますね。

幼少期の自分をよく知る親に聞く

幼少期の自分をよく知る親に聞きましょう。

自分自身が中々思い出せないことも、
親だったら覚えているはず。

僕の場合は、幼少期は本当にやんちゃで盛んな子だったそう。

自分の意外な一面が見れたし、
もっと行動的になっても大丈夫かと思いました。

あと、親に聞くこともいいですが、
おばちゃんや幼なじみに聞くのもありです。

意外な原体験があるかもしれません。

幼少期に自分が作ったものをみる

幼少期に自分が作ったものを見てみましょう。

作ったもの、書いた絵などを見てみると、
幼少期の頃を思い出せます。

僕の場合は、保育園時代に書いた絵が残っていたので、
見てみると、カラフルに書いていて、
思った以上に明るい子だったことがわかりました。

実家が近いこともあり、すぐに見れましたが
家が遠い場合には、写真にでも撮ってもらうといいでしょう。

幼少期の自分の写真を眺める

幼少期の自分お写真を眺めて見ましょう。

幼少期の頃の写真は、なんでもいい。
卒園アルバムや親が撮った写真。

写真を眺めてみて、
幼少期の頃がどんな感じだったかが大事。

僕の場合は、写真を撮られているときは、
基本的にふざけていました。
明るい反面、恥ずかしがり屋の一面をしれました。

以上の3つの方法で幼少期を思い出して、
自己分析しましょう。

自己分析の方法は、この2つでOK

自己分析2つ方法

自己分析の方法は、様々ですが、
以下の方法を1つやれば大丈夫です。

自己分析の方法

モチベーショングラフ
【メモの魔力】自己分析方法

2つの自己分析方法

  • モチベーショングラフ
  • 【メモの魔力】自己分析方法

2つの方法とも実践しましたが、
おすすめは、【メモの魔力】自己分析方法。

「具体」→「抽象化」→「転用」
と少し特殊な方法で自己分析していくのですが、
意外とやってみて一番しっくりて腑に落ちたから。

それはさておき紹介しますね。

モチベーショングラフ

モチベーショングラフは下記の図のようなものです。

モチベーショングラフ

真ん中の線が年齢で、
左側がモチベーションとなってます。

書き方は簡単。
年齢ごとにあなたのモチベーションが高かったのか
低かったのかを書いていきます。

そこに分岐点などに、出来事などの詳細情報を書いていく。

グラフ化によって、
あなたのモチベーションがどのように出来事を乗り越えてきたかを
明確にする
ことができます。

モチベーショングラフによりあなたの人生が可視化されて、
自分の価値観がどんなところにあるのか、
どんな時にモチベーションが上がったのか、
下がったのか知ることが自己分析のポイント。

【メモの魔力】自己分析方法

【メモの魔力】の自己分析方法は、少し特殊です。

メモの魔力をまだ持っていない人はこちらをどうぞ。
 

先ほども紹介しましたが、
「具体」ファクト→「抽象化」→「転用」
という順番で自己分析していきます。

たとえば、こんな感じ。

質問:幼少期に苦しかった経験は?

ファクト:お金がなくて塾に行けないが、塾に行っている子の方が
どうしても賢い。でもその後、死ぬ気で勉強して追い抜いた。

抽象化:運命を努力で覆したい、逆境はバネになることを証明したい
というのがモチベーションになっている。

転用:このモチベーションを原点に置いておけるような事業を創る。
こういった憤りを持っている人に自分の体験を伝えて勇気を与える。

引用:メモの魔力より

このような特殊な方法で、自己分析します。

ポイントは、「転用」
できるだけ具体的に書くいて、さらに行動に繋げる。

僕自身この自己分析方法は、おすすめです。

こちらの記事で具体的にメモの魔力自己分析方法を書いてあるので、
見てください。
※メモの魔力自己分析シートが無料であるので受け取ってくださいね。

メモの魔力 自己分析
【メモの魔力】自己分析1000問突破|重要性ややり方も紹介

  ポン吉メモの魔力の自己分析1000問って何? 自己分析1000問の内容は? 自己分析をやった感想は? 自己分析ってどうやるの?   そんな疑問をこの記事で解決します。 &nbs ...

続きを見る

 

まとめ:幼少期の自己分析は誰でもやるべきだ

幼少期の自己分析は重要

今回の記事では、「幼少期の自己分析の重要性」
「おすすめの自己分析方法2つ」を紹介しました。

本記事を要約するとこちらになります。

本記事の内容

  • 幼少期の自己分析は、自分のルーツを探ること。
  • 【幼少期を思い出す方法】自分をよく知る親に聞く
  • 【幼少期を思い出す方法】自分が作ったものをみる
  • 【幼少期を思い出す方法】自分の写真を眺める
  • おすすめの自己分析方法2つ

こんな感じでしたね。

自己分析で幼少期の頃は中々思い出せなくて、
ペンが止まると思います。

だんだん幼少期項目の空白が目立ってきたら、
自己分析の意味がありません。

その時には、今回紹介した3つの方法を試して見てください
思い出した後は、自己分析を始めましょう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!!

follow me

-BOOKs
-,

© 2021 AKIHIROs P4U Blog